物件評価の原理

当サイトについて

当サイトでは、不動産投資における必要最低限の知識として、『物件評価の原理』についてのコンテンツを提供しています。
また、『物件評価の原理』といった大きなカテゴリの説明から、物件評価の原理に関して細分化されたカテゴリまでを極力わかりやすいコンテンツ形式で掲載しています。
不動産投資についてこれから学ばれる方にとって最もわかりやすいサイトを目指しております。
 【おすすめ投資ポータルサイト】
銀行融資を受けるためには、その不動産にどの程度の価値があるのか見積(評価)を出来るようになっておかなければなりません。物件評価の仕組みには「積算評価」と「収益評価」の二つがあります。

土地の評価額は、「路線化×面積」で計算します。これにさらに各銀行が掛け目と言われる係数(7割、8割など)を掛けて算出します。

 積算評価(土地)についてはこちら

建物は「新築時の1平方メートル当たりの価格×延べ床面積×地区年数による減価」で計算します。

 
 積算評価(建物)についてはこちら

「収益評価」は、不動産を運用することでどれくらいの収益(家賃)を得られるかで価値を算出する評価方法です

 収益評価についてはこちら

ここでは今までご説明してきた積算評価と収益評価についてのまとめとしてメリットとデメリットについて説明します。

 メリット・デメリットについてはこちら